TOPPERS/ATK1とは

TOPPERS/ATK(Automotive Kernel)は、TOPPERSプロジェクトで公開している自動車制御用リアルタイムOSの総称です。

ATK1(Automotive Kernel Version 1シリーズ、旧称:TOPPERS/OSEKカーネル)は、(株)ヴィッツと名古屋大学情報科学研究科組込みリアルタイムシステム研究室と共同で開発した「OSEK/VDX仕様 Version2.2.1 ECC-2」に準拠したOSで、TOPPERSプロジェクトへ開発成果物としてコントリビュートし、オープンソースとして無償公開致します。

ATK1の最新リリースはこちらからダウンロードできます。

TOPPERS/ATK1の主な特長は次の通りです。

  • OSEK/VDX OS仕様 Version2.2.1準拠
  • 欧州の自動車メーカや電装部品メーカを中心とした標準化団体「OSEK/VDX」が策定した自動車制御用リアルタイムOSを開発しました。自動車制御を目的として策定されたカーネルですが、他の製品にも応用可能なコンパクトなリアルタイムカーネルとなっています。本OSは「OSEK/VDX仕様 Version2.2.1 ECC-2」に準拠したOSです。

  • OSEK/VDX OIL仕様 Version2.4.1準拠のシステムジェネレータ(SG)附属
  • 本OSを利用する場合に必要なSGツール(OSEK Implementation Language:OIL)を開発しました。現在のSGは更なる機能拡張を実施中であるため、当面実行ファイルのみの提供となりますが、このSGもTOPPERSプロジェクトよりオープンソースとして公開する予定です。

  • ITRONのノウハウを凝縮したOSEK/VDX専用設計
  • TOPPERS/JSPソースコードの流用はしていませんが、ITRON仕様OS開発ノウハウを元に新規に開発したOSですので、「読みやすい」「改造しやすい」「機種展開しやすい」などのJSPカーネルの基本コンセプトを継承しています。

  • OS共通部とターゲット依存部を分離
  • OS共通部からターゲット依存部を分離設計していますのでターゲット依存部の書き換えで容易に移植が可能となっています。

  • MODISTARC検証済み
  • ダウンロード後直ちに製品として利用可能とするため、MODISTARC検証を行っています。MODISTARC検証とは品質検証のためにOSEK/VDXが定めたOSテストプランです。現在公開されているMODISTARCはOSEK/VDX Version2.0対応ですが、Version 2.2.1に拡張された部位を含めてテストプランを再考して対応しています。

  • MISRA-C対応
  • 欧州の自動車メーカを中心として定められたC言語設計規約「MISRA-C」チェックを実施しています。カーネルのため、実行速度を優先する箇所やコードサイズを節約するために、敢えてMISRAコーディング規約を逸脱している箇所はありますが、逸脱する箇所は個別に検討を行い、MISRAの指摘する危険コードの回避を行っています。

  • OSEK/VDX仕様の全コンフォーマンスクラスに対応
  • 現在、コンフォーマンスクラスECC2(OSEK/VDX最上位クラス)に準拠したカーネルのみ公開しています。他のコンフォーマンスクラス(BCC1、BCC2、ECC1)にも対応中であり、その開発は概ね完了しています。それらのクラスは現在MODISTARC検証もほぼ終了し、応用化への検証が完了後に公開を予定しています。

ターゲットシステム

TOPPERS/ATK1は、現時点で、以下のターゲットプロセッサ、ターゲットシステムをサポートしています。

ディレクトリ名 開発環境

 
プロセッサ(型番) システム(メーカ名)
h8tiny-renesas Renesas社の開発環境
  H8(H8/36057F) BB64E36057F((株)北斗電子)
m16c-renesas Renesas社の開発環境
  M16C(M16C/26) OAKS16-MINI FULLKIT((株)オークス電子)
m32c-renesas Renesas社の開発環境
  M32C(M32C/83) OAKS32 FULLKIT((株)オークス電子)
sh2a-renesas Renesas社の開発環境
  SH-2A(SH72513) SDK72513(株式会社ルネサステクノロジ)
sh2e-renesas Renesas社の開発環境
  SH-2E(SH7058F) SH7058F EVA BOD(株式会社コンピューテックス)

開発環境

TOPPERS/ATK1は、以下の環境を標準のソフトウェア開発環境としています。

Renesas社の開発環境
ターゲット毎に以下の環境を標準のソフトウエア開発環境としています。
  • BB64E36057F

  • 統合開発環境 HEW V. 4.00.02.008
    コンパイラ Hitachi H8S,H8/300 Standard Toolchain V.6.1.1.0

    統合開発環境(HEW)とコンパイラは、ルネサステクノロジホームページより 無償評価版をダウンロードして、ご使用頂けます。

  • OAKS16-MINI FULLKIT

  • 統合開発環境 TM V3.20A
    コンパイラ NC30WA V.5.10 Release 1 エントリー版
    モニタデバッガ KD30 V.3.20 Release 1

    統合開発環境(TM)、コンパイラ(NC30WA)、モニタデバッガ(KD30)は、付 属CDのキットをご使用頂けます。インストール手順は、付属CDのマニュアルを 参照してください。

  • OAKS32 FULLKIT

  • 統合開発環境 TM V3.20A
    コンパイラ NC308WA V.5.10 Release 1 エントリー版
    モニタデバッガ KD308 V.3.00 Release 1

    統合開発環境(TM)、コンパイラ(NC308WA)、モニタデバッガ(KD308)は、 付属CD のキットをご使用頂けます。インストール手順は、付属CDのマニュア ルを参照してください。

  • SDK72513、SH7058F EVA BOD

  • 統合開発環境 HEW Version 4.04.01.001
    コンパイラ SuperH RISC engine Standard Toolchain (V.9.0.3.0)

開発スタッフ

TOPPERSプロジェクトのメンバとして、TOPPERS/ATK1の開発に参加している開発スタッフは次の通りです(所属は参加した時点のもの)。

名前 所属 時期 担当
高田広章 名古屋大学大学院情報科学研究科 2003年〜 カーネル本体
- 株式会社ヴィッツ 2004年〜 M32C、M16C、SG
本田晋也 名古屋大学大学院情報科学研究科 2006年〜 H8
蛯名朋仁 (株)日立製作所 オートモティブシステムグループ
(株)日立情報制御ソリューションズ
2008年〜 SH-2A、SH-2E

※ 開発スタッフの名前は、掲載を了承された方のみ記載しています。