TOPPERS/HRPカーネルとは

TOPPERS/HRP(High Reliable Profile)カーネルは、独立行政法人 宇宙航空航空研究開発機構 情報・計算工学センター名古屋大学大学院情報科学研究科組込みシステム研究室(高田・冨山研究室)が共同で開発した、高信頼性が要求される組込みシステム向けリアルタイムOSです。

HRPカーネルの最新リリースはこちらからダウンロードできます。

HRPカーネルの主な特長は次の通りです。

  • 信頼性検証済み
  • JAXAが作成した基盤ソフトウェア高信頼性検証を用いて検証を行っています。 検証を行っているターゲット環境は、こちらの「高信頼性検証」の実施状況を参照してください。

  • 信頼性機能を搭載したRTOS
  • μITRON4.0仕様の保護機能拡張をベースとして、メモリ保護機能やカーネルオ ブジェクトに対するアクセス保護機能を搭載しています。高信頼性システム向 けの機能としては、ミューテックス、オーバランハンドラがサポートされてい ます。また、RTOSが立ち上がるまでのブート機能、RTOSレベルで問題があった場合の 処理サポート機能(システムリカバリーサポート機能)、システム状態監視機 能を持った「Safety Kernel」(※)との併用により、システムの信頼性をさら に向上できます。

    (※) Safety Kernelについてのお問い合わせは、事務局宛にお願いいたします。

  • 他のターゲットへのポーティングが容易な構造
  • できる限り多くの部分をC言語で記述する、ターゲット独立部とターゲット依 存部を明確に分離するなど、JSPカーネルが 採用した設計思想を踏襲しています。

  • 高い実行性能と小さいRAM使用量
  • 大部分がC言語で記述されているカーネルとしては、高い実行性能と小さいRAM 使用量を実現しました。

ターゲットシステム

HRPカーネルは、現時点で、以下のターゲットプロセッサ/ターゲットシステ ムをサポートしています。

プロセッサ(型番) システム(メーカ) 開発環境 高信頼性検証 依存部ソースコード
HR5000
(MIPS 5kf core)
GT902
(横河ディジタルコンピュータ)
IDE for MIPS Ver4.2.3 (GHS) 実施 非公開
HR5000
(MIPS 5kf core)
GT902
(横河ディジタルコンピュータ)
GCC 3.4.3 (GNU) 未実施 非公開

HR5000用のターゲット依存部ソースコードを使用したい場合は、事務局にお問い合わせください。

その他のターゲットシステム

プロセッサ システム 開発環境 担当
MIPS32 MIPS MALTA GCC 4.5 (資)もなみソフトウェア
ダウンロードはこちら

IA32

(資)もなみソフトウェアが、IA32アーキテクチャへの移植を行いました。オー プンソースのソフトウェアエミュレータQEmuの上での動作も可能です。ターゲッ ト依存部は、同社製PizzaFactory開発環境のオプションとして提供されます。

開発スタッフ

TOPPERSプロジェクトのメンバとして、TOPPERS/HRPカーネルの開発に参加して いる開発スタッフは次の通りです(所属は参加した時点のもの)。

名前 所属 時期 担当
高田広章 名古屋大学大学院情報科学研究科 2005年〜 カーネル本体
高木信尚 個人特別会員 2005年〜2006年 カーネルコンフィギュレータ
邑中雅樹 (資)もなみソフトウェア 2006年〜2007年 カーネルコンフィギュレータ
柳川勝幸 (資)もなみソフトウェア 2005年〜2006年 HR5000
- NEC通信システム 2006年〜 HR5000
カーネルコンフィギュレータ

※ 開発スタッフの名前は、掲載を了承された方のみ記載しています。