ダイナミックローディングマネージャ(DLM)とは

ダイナミックローディングマネージャ(以下、DLMと略記)とは、アプリケー ションソフトの追加や削除を動的に行なうソフトウェアで、ルネサステクノロジによって開発 されました。 DLMは、TOPPERSライセンスに従って使用することができます。

DLMは、ターゲット上のファイルシステムに格納されたリロケータブルオブジェ クトファイルを読み込み、空きメモリ(RAM)へダウンロードして実行します。 この時、未解決シンボルがあれば、そのアドレスを解決します。また、ライブ ラリをダウンロードすることもできます。ライブラリをダウンロード後は、他 のプログラムからライブラリを参照することができます。

DLMと同様にダイナミックローディングが可能なシステムとしてIDLカーネルがありますが、IDLカー ネルではアドレス解決をするためのサーバを必要とすることに対し、DLMでは サーバを必要としません。そのため、スタンドアロンでシステムを構成するこ とができます。

DLMはこちらからダウンロードできます。

特長

(1)市場でアプリケーション追加やシステムのバージョンアップが可能

(2)共有ライブラリ

各アプリケーションは、共有されるライブラリを参照できます。また、新たに ライブラリを追加することも可能です。

ターゲットシステム

DLMは以下のターゲットで動作確認されています。

ターゲットシステム
MS7727SE01(日立超LSIシステムズ)

必要なソフトウェア

(1)TOPPERS/FI4 (Fullset Itron 4.0)カーネル(必須)

DLMは、基本的にμITRON4.0仕様の全機能をサポートしたカーネルで動作する よう設計されています。動作確認には、TOPPERS/FI4カーネルを使用しました。 TOPPERS/FI4カーネルは、情報処理推進機構(IPA) によるオープンソフトウェ ア活用基盤整備事業の一環で開発されました。DLMは、FI4カーネル Release20040226-1において動作確認されています。

(2)ルネサステクノロジ製SH C/C++コンパイラパッケージ(必須)

DLMでは、ルネサス製コンパイラを使用します。ルネサス製リンカでは、以下 の機能をサポートしており、DLMではこれを利用しています。

シンボルファイルの出力
ライブラリ配布時に、外部に公開したいシンボルを記述したシンボルファ イルも配布します。
シンボルファイルの入力
ライブラリを参照するアプリケーションのリンク時に、シンボルファイル で指定されたシンボルを未解決のままとします。
セクション相対形式のリロケータブルオブジェクトを出力
DLMは、この形式のファイルを扱います。

ルネサス製コンパイラの詳細は、こちらを参照してください。期間限定評価版を無償でダウンロードする こともできます。

(3)日立超LSIシステムズ製「Ultra File」(ファイル管理システム)

ファイル管理システムとしてUltra Fileを使用しています。詳細は、こちら を参照してください。

(4)アイ・エル・シー製「GENWARE2」(GUI統合開発環境)

提供するデモプログラムで使用しています。詳細は、こちらを参照し てください。

サポートAPI

  1. dlm_sta_dlm:DLMの開始
  2. dlm_ext_dlm:DLMの終了
  3. dlm_sta_apl:アプリケーションのダウンロード実行
  4. dlm_ter_apl:アプリケーションの強制終了
  5. dlm_reg_dll:ライブラリの登録

お問い合わせ先

DLMに関する質問等は、TOPPERSユーザズメーリ ングリストに送付ください。ただし、基本的には本ソフトウェアに関する サポートは行ないませんので、回答はお約束できないことをご理解ください。

サポートが必要な場合は、ルネサス版DLMをご購入ください。ルネサス製HIシ リーズOS用のDLMは、(株)ルネサス北日本セミコンダクタより販売されていま す。