TOPPERS/A-OSBENCHとは

TOPPERS/A-OSBENCH(Automotive Operating System Benchmark)は、AUTOSAR OS仕様準拠のRTOSで提供するシステムサービスの処理時間を計測評価するベンチマークです。

対象とするAUTOSAR OSのスケーラビリティクラスは以下の通りです。

  • SC1
  • SC1-MC
  • SC3
  • SC3-MC

A-OSBENCHは、次世代車載システム向けRTOS外部仕様書で定義されている各APIの実行時間を複数回計測し、頻度データをコンソールに出力します。

A-OSBENCHの動作確認はTOPPERS/ATK2で行っています。A-OSBENCHで測定対象としているAPIの仕様の多くは、「AUTOSAR OS仕様」に準拠しているため、他の「AUTOSAR OS仕様」に準拠したOSでは、容易に実行することが可能です。

A-OSBENCHの最新リリースはこちらからダウンロードできます。

A-OSBENCHで計測可能な項目及び,評価プログラムの実行シーケンスについては、次のドキュメントを参照してください。

最新のリリース
リリース名 リリース日
AUTOSAR OS 性能評価仕様書 Release 1.1 2016-07-29
過去のリリース
リリース名 リリース日
AUTOSAR OS 性能評価仕様書 Release 1.0 2014-06-02

A-OSBENCHを用いたTOPPERS/ATK2での測定結果については、次のドキュメントを参照してください。

最新のリリース
リリース名 リリース日 対象SCバージョン 対象ターゲット
ATK2性能評価結果(NiosII版) 20140527 2014-05-27 SC1/SC3 1.3.0, SC1-MC/SC3-MC 1.2.0 NiosII

A-OSBENCH リリース

最新のリリース
リリース名 リリース日
A-OSBENCH 1.1 2016-07-29
過去のリリース
リリース名 リリース日
A-OSBENCH 1.0 2014-06-02