ソフトウェア開発委託事業

NPO法人TOPPERSプロジェクトでは、2011年度まで公募型事業として、分野等には制限を設けずに、TOPPERSプロジェクトの発展に貢献して頂ける分野を対象に開発支援を進めてまいりました。

2013年度からは、TOPPERSプロジェクトが分野を検討し、TOPPERSプロジェクトの発展により貢献できるソフトウェアを開発し、オープンソフトウェアとして公開していくことを目指して、ソフトウェア開発委託事業として開発支援を進めていくことになりました。

2013年度

2013年度ソフトウェア開発委託事業募集のご案内

2013年度ソフトウェア開発委託事業の開発対象分野は、 エコーネットコンソーシアムで規定される「ECHONET Lite」規格に対応した通信ミドルウェア です。

応募については、TOPPERSプロジェクトの会員、非会員に関わらず応募可能です。また個人もしくは団体、企業での応募が可能です。ただし、非会員の事業が採択された場合には、応募された個人、もしくは団体がTOPPERSプロジェクトの会員になる事を条件とします。開発ソフトウェアはオープンソフトウェアとしてTOPPERSプロジェクトの開発成果物としてTOPPERSライセンス条項に従って公開することを条件とします。
TOPPERSプロジェクト 開発成果物の知的財産権に関する規則

応募締切は、2013年6月30日です。詳細は、以下の募集要項をご覧ください。

TOPPERSプロジェクト2013年度ソフトウェア開発委託事業募集のご案内

2013年度ソフトウェア開発委託事業は、以下の事業を採択いたしました。

事業名ECHONET Lite ミドルウェア
提案者コアーズ株式会社
概要本ミドルウェアは、タスク管理のOSとしてTOPPERS/ASPと、ネットワークプロトコルスタックのTINETを使用し、ECHONET Lite規格に適合したUDPによる通信処理を行うためのAPIを持つソフトウェアです。
本ミドルウェアは、扱う情報の項目は静的APIで定義し、コンパイル時に決定するため、動作時に扱う項目を増減させるような動的APIは含まないものとします。本開発の範囲は、ECHONET Lite通信ミドルウェアの実装と、APIの定義とします。また、動作確認とAPIの検証のためのアプリケーションとターゲット依存部(850/JH3E+NET)を開発しサンプルとして提供します。
採択理由APIや実現方法などが具体的であり、技術的にも信頼できる提案内容である。
・APIがμITRONのシステムコールの命名規則に合わせてある。
・ECHONETオブジェクト、プロパティを静的APIで作成できる。